焦らずに確実に


後遺障害の認定をする場合は焦らずに確実に行っていくようにしてください。特に重要なのが、後遺障害を認定出来るだけの書類と交通事故による障害であることの証明書です。これらが交通事故での後遺障害が発生したという証明になり、賠償金に影響を及ぼしておきます。

後遺障害の認定で焦るというのが一番良くないです。特に認定は必要書類が不十分ですと認定されません。ですから、確実に認定される書類を獲得していくことを進めていくようにしてください。医師と弁護士とで協力して集めていくことで問題なく認定されるようになります。あとは、書類により後遺障害の等級がどのようになるかを確認して賠償金などの影響を考えていくようにしてください。

等級ですが、書類の内容によっては等級が下がることもあります。明確な病状や症状を記載しているなら目的の等級に出来るかもしれませんが、下手な書き方がされていると思っている等級よりも下がることがありますので、それを避けるためにも医師にしっかりと用意してもらうようにしてください。また、弁護士の交渉により賠償金を上げることが出来るかもしれませんので、それもしっかりとやってもらうようにしてください。焦らず、確実に正しい賠償金を獲得するようにしましょう。

Published by