医師との話し合い


後遺障害の認定には医師が不可欠ですので、しっかりとこちらと話しをして認定の手続きを行っていくようにしてください。また、弁護士の方にもしっかりと相談を行うことを忘れないようにしてください。

後遺障害ですが、これを認定するために前状態として症状固定というにならないといけません。症状固定とは、後遺症があり治療を行っていたがいくらやっても治療効果がない、医師によりこれ以上治療を行っても症状の進展は無いとされた状態が症状固定となっています。この状態を経て後遺障害認定になりますので、これを医師から獲得する必要があります。ただし、基本的には1ヶ月以上の治療を必要とします。必要ない場合もありますが、基本的にはそれくらいの期間が必要であることを理解して弁護士に相談を行っておくようにしてください。

後遺障害認定の原則として基本的には書面審査のみとなっています。この書類には医師が判断した書類なども必要になりますので、しっかりと用意するようにしてください。特に後遺症が交通事故によるものであることをしっかりと判断できるものを必ず用意するようにしてください。必要になる詳しい書類は弁護士がわかっているので、しっかりと用意するようにしてください。書類不足では認定がされてないので注意です。

Published by